2015年01月19日

麺処 花田 上野店@台東区

本日は上野駅にてラーメンランチ。
味噌狙いで「花田」立寄り。

37C91CD4-B736-44C3-9C65-FC27632A37CD.jpg

ピカピカのシックな黒と黄色い看板。
この時間でも続々と客が押し寄せる。

14時まえの入店で先客10、後客8。

8A1E425B-9ADB-46E4-A33C-CF06BB07AB7D.jpg

店内食券機にてメニューを吟味する。
定石左上ボタン「味噌(790円)」購入。

998CCAFE-6131-46DB-8C9B-3D39B0A22074.jpg

平日のお徳なランチサービスに傾倒。
やさい、ニンニク、ライスをコール。

厨房からは野菜をいためるファイヤー音。
うーむ、なんとも香ばしい匂いだろうか。

DD9D2129-09CB-4A20-876E-CE8874306928.jpg
91A7ECC1-7B22-4E04-837C-1E26A330C922.jpg

黒丼鉢にたっぷり盛られた新鮮野菜。
寒い冬場に完璧なほどのスタイル。

9CF92027-70B8-4AEC-8BE2-D78AD35F0308.jpg

もやし8:キャベツ1:玉ねぎ1な割合の様子。
大ぶりチャーシューの4割りは脂身。

68C20F8C-A71A-4D6E-8BA7-1DD90BDEA583.jpg

高粘土な味噌スープは鶏の旨味たっぷり。
こんなドロドロタイプも久々に出くわす。

044580AB-7FA2-4B4B-8B53-8D3D009AFD90.jpg

ぶりんぶりんの極太麺は力強い味わい。
このスープに負けていない麺も凄い存在感。

オーダーミスでニンニクナシの惨事ながら、
十分な力強さを堪能できたのも結果往来。

総じて、力強いドロリ味噌とブリブリ太麺に思わず唸ってしまう一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




花田 上野店

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 御徒町駅上野御徒町駅仲御徒町駅



2015年:3杯目

posted by Joje at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

麺屋武蔵 武骨相傳@台東区

本日は上野駅にてつけ麺ランチ。
ガッツリ狙いで「武蔵 武骨相傳」立寄り。

image-20140121120747.png

時代劇のセットさながらな店構え。
武骨さの相傳っぷりを確かめよう。

image-20140121120756.png

14時入店で満席待客1、後客続々。

image-20140121120805.png

店内食券機でメニューを吟味する。
武蔵の食券機はサイズ解説ともに大変親切。

「黒・味玉つけ麺(850円)」購入。
麺量は並盛りをコールする。

image-20140121120819.png

黒つけ汁の映える白丼鉢。
黄太麺の映える底深白平皿が真摯。

image-20140121120826.png

見事なまでにブラックな焦しスープ。

image-20140121120834.png

表面の焦がしマー油の下層は甘目の魚介豚骨。
ニンニク風味が効いてて食欲をそそる。

image-20140121120842.png

肉、玉子、太麺と荒々しく武骨な盛り。

image-20140121120850.png

太麺はしっかり噛み切るためにアゴ筋を要するほど。
弾力が強くアゴの疲労感がものすごい。

image-20140121120859.png

パカリと開いた味玉は8分茹での黄身。
唯一アゴの疲れないオアシス的アイテム。

image-20140121120906.png

最後は卓上のポットでスープ割り。
後引く美味さで残らず完飲。

総じて、荒々しく武骨な肉と麺を苦香ばしい黒スープで喰らいつける真摯な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




麺屋武蔵 武骨相傳

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 京成上野駅上野御徒町駅上野駅



2014年:10杯目
ラベル:武蔵
posted by Joje at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。