2012年09月24日

舎鈴@北区

本日は赤羽駅改札内。
ちょつと早いがランチにしよう。

image-20120924190913.png

六厘舎姉妹店「舎鈴」立寄り。
つけめんの文字が堂々と踊る。

10時40分入店、先客10、後客3。
普段は行列必至店のよう。
早い時間のためかするりと入店。

image-20120924190934.png

店内食券機でメニューを吟味。
特製や味玉も魅力的だ。
朝10時までは「かけ中か」がある。
こいつは立食いそば系の様子。

「つけめん(650円)」購入。

image-20120924190954.png

白地に青の格子柄。
黒光る麺鉢にも風格がある。
鮮やかなナルト渦がらしさ演出。

image-20120924191019.png

スープは間違いない。
濃厚魚介豚骨の王道だ。
甘い?いや、辛い?
考えているうちに柚子の味。
ほほう、ドロリで爽やか。

image-20120924191041.png

麺はつるつるムッチリ。
美しい中太ストレート。
弾力はあるが咀嚼は楽々。
上品なうどんの様な自家製麺。
ペロリと完食してしまいそうだ。

image-20120924191056.png

スープ底には角肉とメンマ。
大ぶりな肉は甘い味。
およそ4割りが脂身だ。
水分低めのメンマはコリコリ。

image-20120924191115.png

ものの5口でペロリと完食。
スープ割りはポット方式。
ポットはセルフでなく一律注がれる。
卓上の高千穂ゆずを投入。
すっきり爽やかに飲み干せる。

思わずつるりと食べ尽くす。
こんなときは満腹中枢の刺激に時間を要す。
うーむ、麺は増量するのがいいだろう。
人気店のつけめんにサービス増量はないのか。

総じて、食べやすいつるつる麺に柚子効く魚介豚骨の王道たる一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:つけ麺 | 赤羽駅赤羽岩淵駅



2012年:208杯目
ラベル:豚骨魚介
posted by Joje at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。