2013年11月26日

九州じゃんがら 池袋店@豊島区

本日は池袋駅にてラーメンランチ。
豚骨狙いで「じゃんがら」立寄り。

image-20131126173016.png

デパートのレストラン街というロケーション。
久々のじゃんがらを楽しもう。

image-20131126173027.png

ちょうどお昼の入店で先客10、後客続々で行列。

image-20131126173036.png

入口POPでメニューを吟味し席で注文。
「ぼんしゃん味玉子入り(800円)」
思わず「白ごはん小(130円)」コール。

image-20131126173046.png
image-20131126173054.png

小ぶりな平丼鉢に真っ白なスープ?!
んっ、こんなにサラサラ系だったか。

image-20131126173104.png

牛乳さながらに白いマイルドな豚骨スープ。
食欲をそそるあの強烈な豚骨臭はない。

image-20131126173113.png

麺は低加水タイプのストレート。
確かにコリコリだが昔と違う様な記憶。

image-20131126173122.png

ガングロの味玉は完全におでんタイプ。
半熟にするには20円プラスと言う世知辛さ。

欲していた濃厚さとは別モノという肩スカシ。
最後のライス投入でおじや作戦も撃沈する。

image-20131126173138.png

ここは狙いを変えチャーシュー玉子丼で頂く。

image-20131126173150.png

辛子高菜を投入しインパクトを求める。
うーむ、やはりこのアッサリ豚骨は残念。

次は原宿店辺りで真実を確かめたい。

総じて、拍子抜けしてしまうほど臭みのないマイルド豚骨スープの上品な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




九州じゃんがら 西武池袋店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅



2013年:207杯目
タグ:じゃんがら
posted by Joje at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

中国家庭料理 楊 2号店@豊島区

本日は池袋駅にてシメの麺。
迷い彷徨い歩けば「ヤン」に到着。

image-20130403231913.png

見つけたからには寄らねばならぬ。
久々に本場の花椒を堪能しよう。

image-20130403231927.png

21時45分入店、先客15、後客0。
閉店まぎわのラストオーダー。

image-20130403231946.png

「汁なし担々麺(780円)」注文。

image-20130403232014.png

店内満席の中、カウンターは孤独になれる。
久々に楊のシビレでヒーヒーしよう。

image-20130403231959.png
image-20130404002808.png

汁なし担々麺は迫力ある一皿。
清純な白色麺が渾身の輝きを放つ。

image-20130403232032.png

左サイドは挽肉ゾーン。

image-20130403232049.png

右サイドはナッツゾーン。

image-20130403232115.png

麺の下には麻な刺激溢れる。
がっつりまぜて味わおう。

image-20130403232136.png

見た目はもっちりナポリタン。
バクバクいけそうなほどで油断する。

image-20130403232240.png

麺はネチもっちりな丸太スト系。
ネチッと、ネチッと、腹に収まる。

厨房を覗くと台所はまかない中。
笑顔で返せばフレンドリーな返信。

image-20130403232259.png

「まかない巻」の味見を許される。
揚げ春巻は春雨に豆腐が納まる。

うーむ、腹一杯だが食べてしまう。
思わず、ハオチー。

総じて、四川のシビレならココ、ナッツと挽肉が香ばしい麻な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。







関連ランキング:四川料理 | 池袋駅要町駅



2013年:59杯目
タグ:四川
posted by Joje at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。