2014年08月11日

資さんうどん@下関市

本日は下関で子連れ晩ごはん。
おでん狙いで「資さんうどん」立寄り。

0514992A-772D-4343-908E-1468713DA7DA.jpg

九州発祥というこだわりある麺の店。
下関には2店舗を構え24時間営業が嬉しい。

21時ごろの入店で店内は4割近くが埋まる。
奥の座敷席にてメニューをじっくり吟味する。

BBBFB19A-64C4-4379-85A9-BBE081085918.jpg

子供は定番の「ざるそば(500円)」
奥サマは「ゴボ天うどん(420円)」
オヤジは「肉&ゴボ天(640円)」注文。

08C4B195-E20F-4EED-80DA-CCC621466AB8.jpg

さらに厨房近くにおでんコーナーが存在。
一本80円が基本で牛すじとテッチャンは110円。
こういうおでんケースは見ているだけで興奮する。

131119DB-65A1-41B5-A100-607CA80B41A0.jpg

下関での定番「牛すじ」とオススメ「アキレス」をチョイス。
更に好物の「厚揚げ」「糸こんにゃく」も頂こう。

D482D568-3A95-4AFD-86D5-6C88DFC8A7AB.jpg

コリコリとして咀嚼をはじき返す弾力のアキレス。
たっぷり染み込んだおでんつゆが旨みを倍増させる。
とろけるコラーゲンさながらの牛すじも絶品。

02D9CB18-85D7-4B9A-ADAE-AE8EFB941970.jpg
21305EE8-9C4C-4B10-B4AC-6366B67E5735.jpg

牛蒡の天ぷら「ゴボ天」入りのすっきりうどん。
鮮やかに緑が映える新鮮ネギも食欲をそそる。

F08D396E-0E5F-45BB-9426-00D5EDCC001A.jpg


すけ(資)さんマークの入った蒲鉾も嬉しいアイテム。
極太ゴボウのシャキシャキ感とふうわり衣が絶品。

44D68AF4-B949-47EB-B951-A7B388D37086.jpg

淀みのない澄んだスープは関東では頂けないタイプ。
すっきりながらも、節系、こんぶ椎茸の風味が際立つ。

7285512F-2848-44C4-AB0E-E6B8CFEB4D9D.jpg

卓上にはセルフのとろろ昆布と天かすアイテム。
こういうサービスって泣けるほど嬉しい。

2BC34A32-9355-4825-86CC-3158BA4C27DB.jpg

とろろ昆布をスープに浸して美味しく完食。
毎日でも訪店したくなるほどの種類とサービス。

総じて、ワクワクが止まらない味と価格はまさに食のエンターテイメントさながらな一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




資さんうどん 新下関店

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:うどん | 新下関駅


ラベル:博多うどん
posted by Joje at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 山口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

食菜旬彩@美祢市

本日は子連れで秋吉台観光地ランチ。
地元メニュー狙いで「食菜旬彩」立寄り。

65ADE835-1138-460D-AC23-D0808C50BA03.jpg

小さな看板の建屋はバリアフリー配慮設計。
地元に愛される食堂で名物を頂こう。

13時ちょうどの入店で、先客7、後客2。
奥の小上がり畳席でメニューを吟味する。

「秋芳名物かっぱそば(1,000円)」
「長州名物わかめむすび(150円)」
「牛蒡天うどん(650円)」
「ざるそば(550円)」注文。

288FE850-2743-4A7D-A4C4-8AB24E7F30BD.jpg

先ずは奥サマの牛蒡天うどん。
牛蒡天は別皿でめんつゆ付きという構成。

B0657974-0207-4FF8-A30F-0A893B8146EC.jpg

サクサク衣の天ぷらに柔らかい牛蒡は絶品。


66BA48A3-AC10-4C47-9F42-50FF4D88661D.jpg

うどんのダシも澄み切った関西風で美味しい。

0BBA623A-99F4-4182-A38F-DBE085445EA5.jpg

子供たちのざるそばとわかめむすび。

F1A2E75D-D85D-4166-ABBE-EDC06A89B28E.jpg

まるで苔玉さながらの風貌をしたわかめむすび。
ガブリといけば、口いっぱいに磯の香りが広がる。

こいつはビジュアル、味わいともにピカイチ。
B級グルメの優勝候補になるほどの実力はある。

A140B9FE-A9DF-4AE3-8D05-D5B0379AAA76.jpg

メインのかっぱそばは、なんとも瓦そば風。
皿が瓦でない点ときゅうりトッピングで差別化。

E7FD2529-3BA9-47E8-A246-6811737CA4CC.jpg

瓦でなく陶器の皿ながら、固形燃料でアツアツ保持。
こいつが秋芳洞の大理石ならますます面白い。

F2910829-91D2-4095-8685-898ED35BB5A1.jpg

茶そばを噛み締めると緑茶のさわやかな風味。
加熱継続で最後までアツアツが楽しめるのも嬉しい。

錦糸卵と甘口牛肉、青葱にもみじおろしを甘つゆで頂く。
牛肉の旨みと迫力が一本の筋が通っていて高い満足感。

たかせの瓦そばもイイが、秋芳のかっぱそばもナカナカ。

総じて、苔玉さながらのわかめ絶品むすびとアツアツかっぱそばで大満腹になる一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。



食菜旬彩

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:懐石・会席料理 | 美祢市その他



2014年:73杯目
posted by Joje at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 山口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。