2013年08月18日

中華そば 青葉@東久留米市

本日はフードコートランチ。
つけめん狙いで「青葉」立寄り。

image-20130818112203.png

青葉らしい白暖簾に赤屋号。
うーむ、これだけで美味さが伝わる。

image-20130818112222.png

食券機にてメニューを吟味。
中華そばとつけめんの二人舞台。

image-20130818114231.png

「大盛り特製つけめん(1,000円)」

呼出リモコンを渡されしばしお預け。
行列こそないがオーダー数は多そう。

image-20130818114455.png

しっくり青系の丼鉢に綺麗な盛り。
ほほう、期待を決して裏切らない風貌。

image-20130818114508.png

スープ鉢にはナルトに味玉。
散りばめられた七味がなんとも。

image-20130818114526.png

青葉といえばこの美しい麺。

image-20130818114545.png

スープは魚介強めな動物系和風味。
七味のピリリもよいアクセント。

image-20130818114624.png

麺はつるっつるでコリっとしたコシ。
魚介スープに合わせれば文句なしに美味い。

image-20130818114644.png

柔らか味玉は分割状態での提供。
しっかり浸かった白身が上側という盛り。

image-20130818142901.png

ロングメンマもコリっと柔らか。

image-20130818142924.png

最後は柚子唐辛子を投入。
うーむ、ピリサッパリで美味い。

image-20130818143027.png

スープ割りなしでも完飲可能。
この揺るがない絶対的なバランスがイイ。

総じて、喉越しつるっつるなウェーブ麺をバランス感抜群の魚介で啜る至極な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | ひばりケ丘駅東久留米駅



2013年:152杯目
ラベル:柚子唐辛子
posted by Joje at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 久米川駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

ぎょうざの満州 久米川南口店@東村山市

本日は久米川駅にてもう一軒。
ぎょうざ狙いで「満洲」立ち寄り。

image-20130801220028.png

奥サマオーダーの冷凍餃子を仕入れよう。
うーむ、せっかくだから一皿いこう。

20時入店で店内はほぼ満席で活気がある。
ここは、久米川住民の台所的お店なんだ。

image-20130801220101.png

「瓶ビール(420円)」
「焼餃子(210円)」注文。

image-20130801220124.png

冷たいアサヒでぐびぐびプハー。
瓶ビールって格別な味わいがある。

image-20130801220153.png

さあ、焼餃子をつまもう。
カリカリでハネのある餃子が6個。

皮がもっちりで肉汁もジュワリ。
うーむ、相変わらず美味い。

image-20130801220213.png

「冷凍袋入り生ぎょうざ20個(420円)」を2袋。

image-20130801220232.png

自宅でホッピーに切り替える。

image-20130801220255.png

ここからは自宅で満洲ぎょうざ。

image-20130801220309.png

おいしい焼き方を忠実に再現。

image-20130801220325.png

自宅でもイイ感じ、ホントに冷凍なのか。

image-20130801220344.png

手順通り焼けば、お店さながらの焼具合。

image-20130801220400.png

仕上げは奥サマこだわりの手作りフォー。

image-20130801220419.png

ライスヌードルでシメってのもいい。

image-20130801220442.png

うーむ、鶏清湯スープがまろやか美味い。
ニラ、モヤシ、パクチーが夏って味わい。

総じて、お店で頂くもっちり皮の焼餃子に引けをとらないお持ち帰り冷凍餃子も人気の一皿、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




ぎょうざの満洲 久米川南口店

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:餃子 | 久米川駅八坂駅



2013年:--杯目
posted by Joje at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 久米川駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。