2015年02月14日

味源 小平店@小平市

本日は久々に子連れでのラーメンランチ。
好みの味噌を狙い撃ちで「味源」立寄り。

5EC00F28-9B76-412E-863B-36E966C6E0BF.jpg

先日の単独偵察でかなり好印象を確立。
座敷席もあるこちらはファミリー歓迎モード。

11時40分入店、先客2、後客5で座敷席確保。

食券機にてメニューを吟味する。
「札幌味噌らーめん(800円)」2つ。
「函館塩らーめん(700円)」
「餃子5個(サービス)」2つ注文。

E6484F8C-5EAD-4D15-A18F-6C2849D0BBF2.jpg

娘の函館塩らーめんはあっさりタイプ。
深緑の子ネギの鮮度もよくなんとも食べやすい。

41CC40CA-E345-4946-8E8C-7548FB3645D3.jpg

定番の札幌味噌は期待を裏切らない味わい。
白ネギチャーシューわかめメンマと賑やか。

B3568BA9-61BB-45B9-BF45-682FD8DD48DF.jpg

まったりコッテリ味噌スープも濃厚で期待通り。
熱々ラードにトッピングを浸すのもコチラでの流儀。

C803BB82-9B6F-4B76-B7DD-F2368D43E7DB.jpg

北海道から空輸される玉子熟成麺も楽しみの一つ。
プリプリで気高い味わいは札幌を名乗るに相応しい。

ACF5177B-5A08-4316-AA72-BF3C353199A7.jpg

サービス券を施行した餃子たちにビールを欲する。
カリッと焼き上げられた皮が堪らない美味さ。

総じて、決して期待を裏切らない札幌味噌はファミリーでも楽しめる気高い一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




北海道らーめん 味源 小平店

夜総合点★★★☆☆ 3.8

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 東大和市駅



2015年:7杯目
タグ:札幌
posted by Joje at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ├ 東大和市駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

味源 小平店@小平市

本日は東大和駅にて途中下車。
札幌味噌狙いで「味源」立寄り。

F9FE1B4D-F166-46C9-989F-E9DB15731F5A.jpg

立川北口を本店とする味源グループ。
めでたい800万食達成!100食は貢献できたか。

20時30分入店、先客2、後客2。

8DB8B461-EB83-4B98-99FE-72F85EE88A83.jpg

店内食券機にてメニューを吟味する。

外せない「札幌味噌らーめん(800円)」
お得な「ディナーセット(500円)」購入。

ビール単品500円、餃子単品500円ながらも、
セット注文すると単品価格となるお得な設定。

9DE081E8-5190-4302-A4AA-4AE9678A1BF1.jpg

先ずはサッポロ黒ラベルで札幌感を高める。

5BEEC806-B05F-4F4D-8FA5-8DD5E2E3A845.jpg

お次は焼きたて熱々の餃子をホクホク頂く。
カリッとした焼面にジュワッと滴る肉汁は最高。

A8001578-D8E3-437D-BA3A-F599760A8973.jpg
FA1F4E72-2D7C-4B52-B520-5EDDA5FECE59.jpg

定番の黒丼鉢にどっさり盛られた具材たち。
ラードとニンニクと味噌の渾然一体感に興奮する。

522C250B-2C0B-4ED0-A4B9-5D721FCCEB46.jpg

ネギ、わかめ、メンマ達もいい仕事をしている。
88990E9E-C462-4000-8A07-1414E030C57D.jpg


期待通りの芳醇なラード味噌の旨味。
アツアツスープが冷えた身体を温めてくれる。

7AD43DF3-39F8-4609-A2D0-D3C18AC507D7.jpg

極端な程色味がかった熟成麺も泣かせる。
プリプリ感満載で優しい味わいも好みのタイプ。

E5AAA5E9-ACC3-417D-B2BB-D51C33655B8C.jpg

今日の一杯は本店を超える味わいを感じるほど。

031D20E2-587F-4CEA-B2C6-102F383E294E.jpg

こんなのまで頂いたからには足しげく通いたい。

総じて、濃コク美味な味噌はもっと頻繁に訪れたいと想起させる優秀な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




北海道らーめん 味源 小平店

夜総合点★★★☆☆ 3.8

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 東大和市駅



2015年:5杯目

posted by Joje at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 東大和市駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。