2015年07月15日

らーめん麺勝@西東京市

本日は西武新宿線田無駅にて途中下車。
味噌狙いで「麺勝」立寄り。

BA49A8A8-DFC9-4A5A-ACFC-D9399C9A9326.jpg

昼営業のみで訪店できなかった宿題店。
夜の街に照らされる緑の看板に迷わず入店。

20時ごろの入店で、先客0、後客1。

6C9FEC5F-FC6A-4CB8-B011-C16633A9E5CF.jpg

広い店内のカウンター席にてメニューを吟味する。

基本の「みそらーめん(650円)」
「日替り丼(100円)」注文。

チョイス可能な麺は太麺でなく普通麺でコール。

703B8109-E405-49C7-8F98-A5E84D46FC0F.jpg
0DC947EE-59BD-47BB-89EF-829501A9F21F.jpg

黒丼鉢に芳ばしい茶濁色の味噌スープ。
わかめの色彩が映える札幌系なビジュアル。

4D2298D2-0C3E-4E8A-9A7D-67CF5A06A4C9.jpg

たっぷりなラードも味噌との相性抜群。
これぞ芳醇な味噌の代名詞とでも言わんばかり。

6B7266F8-FF8E-4336-B614-DE2A8A27766C.jpg

熟成タイプの細麺をスープに絡ませば癒しの食感。

D27D6751-0A08-454E-BC7A-1664FDD39EF7.jpg

アツアツの白ごはんに搭載されたそぼろは甘辛な味わい。
ボリューム感もあって大満足なサイドメニュー。

総じて、芳醇な味噌に熟成細麺を絡めて頂ける癒しの一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




麺勝

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 田無駅



2015年:40杯目

ラベル:味噌
posted by Joje at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 田無駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

ぎょうざの満洲 田無店@西東京市

本日は田無駅にて途中下車。
ぎょうざ狙いで「満洲」立寄り。

B4B3EF65-D825-437E-B881-4D4509FC8754.jpg

埼玉と東京を中心に80店舗以上を展開。
王将系よりも個人的には好みな系列だ。

21時20分入店で3割ほどの客入り。
この手の店では珍しく22時閉店という健全さ。

4086778C-6AD7-4D77-A27B-B271632FF850.jpg

カウンター席にてメニューを吟味する。
「タンメンと餃子(630円)」
「びんビール(400円)」注文。

1CF2407D-033B-4D52-AC7A-A79D08DF5CA4.jpg

中瓶のスーパードライはいわゆる辛口。

2EB85461-2C61-4203-A54A-5EDBE0CDAA84.jpg

もっちり皮の餃子はベストな焼け具合。
アツアツ餃子にヒエヒエビールは黄金コンビ。

B0228D3F-2FFB-480D-8DD8-3FDEF389A394.jpg
9D36EE91-DEA7-4BCB-AC17-762AB779C8AE.jpg
いつもの定番タンメンでたっぷり野菜摂取。
存在感のあるキクラゲの歯応えも面白い。

BF55AFE6-F853-4960-8D9F-05F157414339.jpg

炒め野菜の旨みがしっかり出たスープ。
あっさり系でクセも無くサクサク食べられる。

1F14EC49-5A06-427F-AC58-8CAF26230695.jpg

冷凍をも想わせる透明感のある中太エッジ麺。
餃子と一緒に麺も研究して欲しいところ。

総じて、もっちり餃子と瓶ビール、さらにタンメンも付くという破格の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




ぎょうざの満洲 田無北口店

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:餃子 | 田無駅西武柳沢駅



2014年:97杯目
ラベル:ぎょうざ
posted by Joje at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 田無駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。