2013年06月12日

味一@西東京市

本日は東伏見駅にて途中下車。
唐揚げ狙いで「味一」立寄り。

image-20130612211000.png

うーむ、移転前の馬場店以来。
DXラーメンでパワーを付けよう。

20時15分入店、先客2、後客1。

image-20130612211052.png

店内カウンターにてメニューを吟味。
「メガ唐揚げDXラーメン(980円)」注文。

やさい増しも出来ますの声。
思わず、お願いしますコールで応答。

image-20130612211110.png

黒い丼鉢に定食さながらな賑やか盛り。
揚げたての唐揚げと辛餡が美しい。

image-20130612211126.png

皮がパリっと鳴る程のイイ仕上がり。
白めしが喰らいたくなるほど。

image-20130612211151.png

動物ベースのスープは濃コクで鷹の爪効く。
このまったりした味わいが唐揚げにマッチ。

image-20130612211207.png

イキのイイ平打ち麺が食べやすい。
適度な弾力と口当たり感は上々。

image-20130612211231.png

辛旨スープに浸る衣だって最高。
白めしで辛ソースカツ丼にしたくなる衝動。

image-20130612211249.png

試作中の限定メニュー辛挽肉も味見。
花椒が効くまぜそばも近々ありそう。

image-20130612211302.png

今月の限定は煮干つけ麺。
月代わりの限定も見逃せない。

image-20130612211423.png

増したもやしに混ざり揚げ茄子。
ほほう、この揚げ茄子、イイ仕事してる。

image-20130612211434.png

味変にカレー唐辛子を投入、
マッタリ感が抜群の辛カリー。
アソコより好みな味わい。

辛旨スープを最後まで完食。
花椒、鷹の爪、厨房の熱気で汗も滴る。

image-20130612211451.png

丼底からは黄金ドラゴンがお目見え。
ほほう、思わぬ藝術に関心。

なんだかとっても気持ちがイイ接客に感心。
馬場時代とは店員さんが違うのだろうか。

総じて、皮カリッなメガ唐揚げにトロ辛旨な鷹の爪スープがマッチする魂の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




味一

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 東伏見駅



2013年:111杯目

タグ:メガ唐揚げ
posted by Joje at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 東伏見駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

一笑らーめん@西東京

本日は東伏見駅にて途中下車。
上石神井の一員狙うも店内営業なし。
餃子難民となり「一笑」立寄り。

image-20120723222832.png

キリリと清楚な白看板。
滋養湯的の文言踊る。

19時45分入店、先客15、後客3。

image-20120723222947.png

店内食券機でメニュー吟味。
餃子にビール、味玉もいこう。
とにかく腹が騒がしい。
猛烈に腹が減っているんだ。

image-20120723223006.png

「一笑黒(720円)」
「ギョーザ(290円)」
「味玉(100円)」
「生ビール(480円)」購入。

image-20120723223036.png

先ずはビール。
この一口が堪らない。
つまみは熱々ギョーザだ。
ラーメンの提供はコールするまで待ってくれる。
この時間差提供の心遣いは嬉しい。

image-20120723223154.png

ギョーザの皮が半数は破裂。
肉汁感を味わえたのは2個。
この注文は蛇足だったのか。
ラーメンにも不安がよぎる。

いよいよラーメンをコール。
麺量はサービスで増量可能。
空腹なおやじには堪らない。
すかさず中盛りをコールする。

image-20120723223243.png

茹で方、味、油もコール可能。
ネギはザルから取り放題。
こいつは嬉しいサービスだ。
高田馬場の「末廣ラーメン@新宿」を彷彿とさせる。

image-20120723223306.png
image-20120723223324.png

白い丼鉢に茶色い中身。
全体的に華やかさに欠ける。
スープ、味玉、メンマ。
チャーシューまでも系列色。
味玉割りのひと手間くらいは欲しい。

image-20120723223337.png

味玉をパカリと割る。
鮮やかに流れ出す黄身。
冷たいながらも蜂蜜状。
芯までしっかり味付け。

image-20120723223355.png

スープはコッテリ豚骨醤油。
臭みなくコクが引き立つ。
そうかルックス的にも家系か。

image-20120723223430.png

麺は中太ウェーブ。
ザックリした食感が楽しめる。
この麺かなり好みのタイプ。

image-20120723230336.png
image-20120723223449.png

さあトッピングを楽しもう。
まずはネギを大量投入。
シャキシャキネギの甘味が堪らない。
コッテリスープを中和してくれる。

image-20120723223507.png

お次はニンニクと辛子高菜。
高菜の浸かったいい風味。
スープに溶け出す辛みと旨み。
ほほう、家系で味変もいい。

image-20120723223532.png

大盛りネギの効果でスープまでも完食。
丼底の「ありがとう!」
「こちらこそ、ありがとう」と言いたくなる。

image-20120723225330.png

店内には創業時のスープ用圧力釜が展示。
40年前に創業とは、うーむ時代を感じる。

総じて、コッテリ豚骨醤油スープをネギだくトッピングが中和してくれる一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | 東伏見駅



2012年:161杯目
タグ:ネギだく
posted by Joje at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 東伏見駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。