2015年06月25日

めん徳二代目つじ田 日本橋店@中央区

本日は日本橋駅にて激戦ランチタイム。
つけ麺狙いで「二代目つじ田」立寄り。

EBEC38D2-6784-4D57-A734-A559D9A774BE.jpg

金色文字の屋号がなんとも高級感を演出。
名店の店頭はすでにリーマン達の大行列。

12時で待ち15、後客10、待ちは10分ほどという。

A49B4F3F-9058-4D82-AA43-7EEA96E0AB92.jpg

行列にドッキングして店外食券機にてメニューを吟味。
スタンダードな「つけ麺(880円)」購入。

E9052246-DA72-4837-B96E-BBD88F67B749.jpg

旨い店の丼鉢は美しいビジュアルに胃袋も刺激される。
茶濁系の汁エリアと明るいライトな麺エリアという色合い。

D35C815C-37E7-4AD4-A54B-A81EA1438662.jpg

比内鶏のとろうま濃厚スープは匂いがプンプン。

3F6FAB14-575B-46F6-83F3-C269425F3949.jpg

豚骨と鶏がらと魚介と昆布、旨みのオールスターだ。

997EFB74-06FC-4DD6-B1C4-7E98D109A03C.jpg

艶やかでコシのあるこっしこし麺も文句なし。

568EDB36-58EC-4E96-A816-C65B0164D50B.jpg

くったり煮詰まった骨董感のある染みメンマ。
塩辛過ぎず硬過ぎないなんとも丁寧な仕事ぶり。

D1FC04B4-2E67-4ED9-918B-1AFC3D6E9EAF.jpg

1/3食してからじゅわりとスダチを搾り込む。

さらに1/3食してから京都祇園の黒七味を投入。
唐辛子と山椒と胡麻のハーモニーが口いっぱいに広がる。

最後はスープ割りまで堪能しパーフェクトな満足度。

総じて、威風堂々日本橋にて五感で味わえる文句なしの王道の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:つけ麺 | 日本橋駅東京駅三越前駅



2015年:36杯目
ラベル:すだち 比内鳥
posted by Joje at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。