2015年03月26日

いのたに@鳴門市

本日は春休み四国食べ歩きツアーの初日。
徳島ラーメン狙いで「いのたに」立寄り。

6365F363-A0FF-4281-BBD7-7180D4881B30.jpg

わが家の女性陣を説得しての嬉しい訪問。
四国で本場の徳島ラーメンを堪能しよう。

16D709B1-A490-4ABC-8B5B-A6ADBE070029.jpg

11時30分ごろ入店で店内は8割ほどの席が埋まる。
厨房にあるレジカウンターでメニューを拝見。

「中華そば中(550円)」2つ
「中華そば肉入中(650円)」を注文。

AF40BC36-B44E-4877-AB54-24F60462BF9D.jpg

青とピンクの札をテーブルにおいてしばし待つ。
基本は中華そば一本勝負というシンプルな潔さ。

地元のお年寄りが多く地元に根付いたお店だ。
徳島空港の最寄店でもあり一見客にも大変丁寧。

6DA75149-E0AB-410A-9F4E-2D7977AB8C49.jpg

年季の入った中華丼鉢に麺とモヤシと緑ネギ。
豚骨醬油の茶色いスープが食欲をかき立てる。
8E37D5CA-F373-4735-9115-1AF77AC0047F.jpg
39E6569B-4503-4E69-B2AD-C78C8892C8F7.jpg

これでもかと言わんばかりに乗った肉入りも凄い。
生玉子はデフォでなくトッピングするシステム。

2EB3F2D5-5E11-4890-B5FE-0AA838E4DE76.jpg

豚骨ベースに肉を煮た甘めのダシが合わさる。
コッテリと思いきやしつこさがないスープがいい。

59F13739-23A7-4DEC-815A-58ED93EF4BA3.jpg

旨みと重量感が融合しライスが欲しくなる。
確かに常連さんのほとんどはライス注文している。

8931B0CF-7D1B-4E53-B690-9CFDA6004E23.jpg

麺はちゅるちゅる中太ストレート。
丼鉢が小さめのためか麺量も少量なのが印象的。

DFE86EA4-E0BC-4FDE-813C-A284742832C1.jpg

生玉子コールを失念しながらも美味しく完食。
また新横ラー博で出店して欲しいものである。

総じて、旨みと重量感が融合する肉&スープはライス注文必至の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




いのたに 鳴門店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 鳴門駅撫養駅



2015年:16杯目
posted by Joje at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416455632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。