2014年10月23日

ジャイアン3@西東京市

本日は田無駅にて途中下車。
新店狙いで「ジャイアン3」立寄り。

9E6D4D03-CB96-4D00-B9C6-25066C3663F3.jpg

もはや田無の巨塔となったブランド店。
四次元から繰り出される味を堪能しよう。

492A5BFF-463F-40EA-BEBE-FE6AFAA92712.jpg

20時50分入店、先客1、後客1。
店外側の食券機にてメニューを吟味する。

6ACA937D-E9AA-4E6D-A8CB-DC5E4CC81DDD.jpg

まだ新作という「赤ホル辛(750円)」
定食チックに「ライス小(100円)」購入。

オープン直後ながらも丁寧な接客が光る。

BB11566F-0503-42DA-9F90-25920545C71D.jpg
A5DB14D0-0F7F-40E6-9C32-5596F9B9E31B.jpg

白丼には上品さと賑やかさの共演。
受皿にダブルレンゲは極セッティング。

AF8DE14D-3003-4FC8-946D-3C61AD7242EE.jpg

シャキッと音が鳴るほどのアツアツ野菜。
赤カラながら非激辛の上質な紅の刺激。

C515DA03-AFFA-4F00-BA32-D0B0CF93283A.jpg

温野菜の下は魅惑のホルモンが鎮座する。
ネチッ、とろっ、カラィは見事な味わい。

7A3ADFF8-59EB-46C3-9B0D-E2BD7D766185.jpg

小ライストッピングでプチ丼の完成。
これは美味い、いや美味くない筈がない。

E6E5065F-455D-4FA0-9CD2-4DC0C9E660AE.jpg

とろみと深みのあるホルモン豚骨スープ。
旨みと辛みのバランスも良く食べやすい。

F3D5483A-A2E7-4438-995A-445838A3CE80.jpg

博多さながらの低加水麺ともイイ相性。
次回は替玉湯気通しオーダーを試したい。

総じて、ホルモン豚骨スープで頂く赤カラはもはや四次元な味わいな一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




ジャイアン3

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 田無駅



2014年:95杯目

posted by Joje at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 田無駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407634162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。