2012年08月16日

丸長@中野

本日は新井薬師前駅にて途中下車。
ランチで「丸長」立寄り。

image-20120816130026.png

黄色看板ながら赤色暖簾。
中華そばとらーめんの文字が踊る。

12時入店、先客0、後客2。

image-20120816130039.png

店内壁に貼られたメニュー。
何を食べようか吟味する。

「やさいつけそば(700円)」注文。

中華鍋からジャージャーといい音。
香ばしい匂いが店内を漂う。

image-20120816130057.png

丸長ロゴ入り丼鉢と平皿。
茶系に青系と渋い色使い。
麺の白さ、野菜の多さが際だつ。

image-20120816130121.png

スープ丼鉢には野菜盛り。
もやし、キャベツ、ニンジン。
シャキッとレアな炒め具合い。
野菜を退かして麺を浸す。

image-20120816130141.png

白い麺は加水率高めの太ストレート。
優しい歯応えながもモチモチだ。
つるりと喉越しがいい。
小麦の香りがほんのりする。

スープは動物系ベースの醤油味。
なんたる優しい味わい。
ざる蕎麦なのか、
ちゃんぽんなのか、
いやいや、これは昭和ラーメンの味だ。

image-20120816130202.png

丼鉢底には肉とメンマ。
メンマは強烈な塩からさ。
醤油がジュわり染み出す。
濃い、濃厚メンマだ。
これも昭和の味つけなのか。

image-20120816130228.png

味変に唐辛子投入。
ピリリ刺激が昭和スープに合う。
ほほう、うどんダシさながらだ。
哀愁感のある懐かしい味。
こういうのも決して悪くない。

image-20120816130302.png

最後はスープ割り。
熱々ダシスープが注がれる。
煮干し系の旨味が引き立つ。

スープがシンプルで優しいんだ。
それゆえに麺の味わいが深まる。
なんたる相乗効果。

総じて、これぞ昭和のつけそば、優しくノスタルジックな一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:つけ麺 | 新井薬師前駅沼袋駅



2012年:180杯目
ラベル:つけそば
posted by Joje at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 新井薬師前駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。