2012年01月26日

玉名ラーメンくれは@西東京

本日は田無駅で途中下車。
初訪となる「くれは」へ立ち寄り。
熊本ラーメンのルーツ玉名ラーメンだ。

最寄駅から結構遠い立地ながら繁盛してる。
やはり他店にない魅力的な味なんだろう。

期待が高まる。
胸の鼓動も高まるぞ。

image-20120126201307.png

店内食券機でメニューを吟味。
「新玉名ラーメン(700円)」購入。

注文時に「にんにくチップ」確認。
こういうのも嬉しい気遣いだ。
当然答えはYESなんだが。

image-20120126231612.png

食券機には「替玉」メニューがない。
しばし立ちすくみ呆然。

image-20120126201610.png

いやいや違う。
替玉は無制限で無料なんだ。
このサービスは凄いぞ。
感心してしまう。

image-20120126201705.png

にんにくの香りが立ち昇る。
この匂い、こいつが大事。
とても食欲をそそるんだ。

トッピングは、チャーシュー3枚、
青ネギ、味玉(クーポン)、のり、
にんにくチップという構成。

スープはねっとりドロドロのとんこつ。
これは強烈だ。
骨を粉砕してスープを作る「無鉄砲@中野」に通じる。
あちらの店と比べてみる。
ここはキメが細くクリーミー。
濃度は似ているが別物スープだ。

自家製麺は低下水率。
ガシガシと噛み心地の良い中細ストレートタイプだ。
切刃24〜26番なのか。
この中細感が堪らなくいい。

image-20120126201753.png

本当にどろどろだ。
ガシガシ!どろどろ、
ガシガシ!
音がしそうな程だ。

続いて味玉。

image-20120126201828.png

パカッと割る。
ほどよく綺麗にゼリー状の黄身。
スープが強烈なだけに味が負けてる。
味玉頑張れ。

麺を1/3程残した状態で替玉コール。
麺硬さ調整が出来ないのか。
聞かれない。
麺茹で加減指定のPOPもない。

image-20120126201908.png

2杯目は白胡椒を投入。
スパイシー濃厚とんこつへ味変する。
これも美味いぞ。

豚骨屋には定番の辛子高菜や紅生姜、
これがないのも玉名風なんだろうか。

総じて、ドロッ+クリーミーとんこつスープをガシガシ麺でねっとり頂ける一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | 田無駅



2012年:20杯目
posted by Joje at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 田無駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。