2015年05月28日

お茶の水 大勝軒@千代田区

本日は御茶ノ水駅にてつけ麺ランチ。
元祖つけ麺狙いで「大勝軒」立寄り。

921349F2-3A23-426F-AB71-BDA601A9CC67.jpg

二階店舗ながら入りやすい外階段。
古本屋とスポーツ用品店に馴染む外観。

91AF7AF9-8D3D-4262-A658-484CAA71FCD9.jpg

13時過ぎの入店で先客7、後客2。

42B4B8AE-B5A7-4AC5-A9DF-25CD64A41DFB.jpg

店内食券機にてメニューを吟味する。
「もりメンマ(970円)」購入。

6DE2B3F5-2380-47D6-AD83-13FDE51DD8F1.jpg

元祖を忠実に再現したというもり。
らしさ全開の丼鉢に期待も膨らむ。

B50A1655-A0B3-4030-9BD2-1F89FED04F54.jpg


酸味と辛味のバランスが抜群のスープ。
オイリーなスープ表面で唇グロス状態。

4C8BAB0D-FBCA-44CB-8E90-41F11419A31B.jpg

300gはありそうな麺は意外にも細め。
優しい食感ながら優秀なスープ持上げ力。

C4992098-EE3C-4B9E-A6C7-8A87665F9B9D.jpg

肉煮汁戻しという台湾の高級メンマ。
ナルト、メンマも濃厚で酸っぱ美味い。

山岸流なる麺底の湯切り水でスープ割り。
栄養面も考えられた元祖の想いという。

満腹感不足も健康面を想ってだろうか。

総じて、酸味と辛味のバランスが抜群な元祖の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




お茶の水 大勝軒

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅



2015年:32杯目

posted by Joje at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

清六家@中野区

本日は地下化工事中の沼袋駅にて途中下車。
家系注入のため「清六家」立寄り。

43BFFFCC-6FB0-449F-B6E0-A217570236EE.jpg

暑さと忙しさで麺食が減っていく日々。
安定感のあるコチラでスタミナを補給しよう。

20時過ぎの入店で、先客4、後客1。
店内食券機にてメニューを吟味する。

CEFAD1F4-F62B-4045-BA4E-99733D9B23B2.jpg

つけめんを堪え「豚骨醤油ラーメン(720円)」
ドームも堪え「半ライス(130円)」購入。

食券提供時に普通のカタメで好みをオーダー。

E1AF4CD1-CBE5-4BC1-8CFF-1D913894A748.jpg
25979805-C5E2-4537-A677-2B46883DC003.jpg

翡翠色の中華丼鉢に豚骨醬油スープがよく映える。
小さなうずらの卵さえもワクワクさせてくれる。

30DC7113-283E-4F37-8A28-D78741419282.jpg

ショッパ濃い豚骨醬油は外さない味わい。
スープ表面に浮く油もコッテリ感を演出。

5FE1BC4C-042A-47AF-8A5E-C083D73CCF24.jpg

平打ちストレートのプリプリ麺はアルデンテ。
家系の証しでもある短め麺も持上げやすくてイイ。

疲れきった胃袋に濃厚なスープがじんわり染みる。
ニンニクと豆板醤は回避し白ごはんでスープめし。

人が本能的に欲する食べ物であることに違いない。

総じて、ショッパ濃い豚骨醬油は白ごはんのおかずという地位を確立しそうな一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。




清六家 沼袋店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 沼袋駅新井薬師前駅



2015年:31杯目





タグ:家系
posted by Joje at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 沼袋駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。