2012年09月30日

いなば和幸@西武ドーム

本日は子連れで野球観戦。
台風近づく中でのデーゲーム。

image-20120930172731.png

vs オリックス23回戦。
日ハムにマジック2が点灯中。

14時プレイボールで開門1時間前の11時に到着。
天気の悪くなる前にランチ&キッズランド狙い。
先ずは腹ごしらえだ。
さあ、今日は何を食べよう。

image-20120930172812.png

ドームの外に軒を連ねるグルメワゴンを攻める。
オムそば狙いで「いかりや」立寄り。

image-20120930172914.png

「大盛りオムそば(600円)」購入。
もう一つの狙い、スタミナホルモン丼がなく残念。

image-20120930172937.png

大盛りオムそばはずっしり重い。
名前に偽りのない大盛りだ。
味はいたって普通の焼きそば。
ボリュームだけが売りだろう。
お祭りの屋台版さながらだ。

ライオンズとセーブオンのコラボ。
「鮭の塩麹和えおにぎり(120円)」購入。

image-20120930174809.png
image-20120930173024.png

ほほう、ホクホク鮭に甘い麹。
なかなか美味い、こいつはいい。

image-20120930173136.png

さあキッズランドで身体を動かそう。
先ずはバッティングケージから。
女の子だってクリーンヒットを打ち返す。

image-20120930173200.png

お次はストラックアウト。
これもナイスピッチング。

image-20120930173230.png

ふわふわバッティング。
強風の中で打ち返すのは難しい。

image-20120930173311.png

最後はキッズスタジアム。
ブルーレジェンズのお姉さんと遊べる。
なんとも眺めのいいひと時。
子連れおやじの特権だろう。

試合開始直前までキッズランド。
今日は1塁側内野指定席なんだ。
座席が確保済みってやっぱりいい。

さあ、メインを食べよう。

image-20120930173420.png

スタジアムグルメ「いなば和幸」立寄り。
狙いは一つだ。

「イタリアンミルフィーユカツ丼(900円)」購入。

image-20120930173502.png
image-20120930173519.png

ご飯の上には分厚いミルフィーユカツ。
その上のチーズマヨネーズが綺麗だ。
温泉たまごは自分でパカリ。
ほほう、トマトの角切りもあるぞ。
なんとも賑やかなルックスだ。

image-20120930173544.png

カツは柔らかほくほく。
しっとり肉とトマトの酸味が絶妙。
ほほう、こいつは美味い。
温泉たまごもいい仕事している。

北海道で日ハム2連敗後のホームゲーム。
西武ファンも意気消沈と思いきや。
まずまずの客入り。

image-20120930173608.png

結果は4対3でライオンズ勝利。
牧田の粘投で逆転優勝に首の皮一枚。

総じて、トマトの酸味と温泉たまごの甘みが光る柔らかジューシーなミルフィーユの一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:とんかつ | 西武球場前駅



2012年:8試合目
ラベル:西武ドーム
posted by Joje at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

らーめんの円熟屋@杉並区

本日は井荻駅にて途中下車。
伊勢海老喰らいに「円熟屋」立寄り。

image-20120928211425.png

店内はポップな音楽がなり響く。
木目調の店内はログハウス風。
どこまでもポップだ。

image-20120928211501.png

店内の食券機でメニューを吟味。
鯛塩、海老味噌。
美味そうな文言が並ぶ。

「特みそ海老(890円)」購入。
全てのメニューをつけめん可。
つけめんだと1.5倍の量となる。

20時20分入店、先客4、後客4。

image-20120928211518.png

純白の丼鉢が美しい。
麺、スープともに明るい色調。
うーむ、食欲をそそる。

image-20120928211533.png

スープ表面には魔法の粉。
甲殻類の旨みの結晶。
ドロリ粘度のカニ味噌だ。
ほほう、高価そうな味がする。

image-20120928211550.png

麺は中太ストレート。
むちむち食感はパスタさながら。
箸からつるつる逃げ出される。

image-20120928211605.png

標準装備の味玉は見るも無残。
これは大失敗版のゆで卵。
ジャリッと殻まで着いている。
うーむ、これはないんじゃないか。
卵の殻から海老の殻を連想する。
硬い異物で現実に引き戻される。

こういう一杯だってあるさ。

image-20120928211624.png

最後はスープ割り。
渡り蟹の味噌汁さながら。

総じて、濃コクなカニ味噌さながらの旨味汁で頂く一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | 井荻駅下井草駅



2012年:211杯目
ラベル:伊勢海老
posted by Joje at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 井荻駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。