2012年08月29日

中国家庭料理 楊2号店@豊島

本日は池袋にて子連れランチ。
汁なし坦々麺喰らいに「楊(ヤン)」立寄り。

image-20120829215800.png
image-20120829215825.png

赤い看板に簾が渋い。
四川風味の看板にも味がある。

サンシャイン水族館と誘い出しての池袋。
井之頭五郎の食べっぷりは本物なのか確かめよう。

11時50分入店、先客3、後客13。

image-20120829215853.png
image-20120829215908.png

メニューをゆっくり吟味する。
ほほう、ランチメニューがあるんだ。
「汁なし坦々麺(880円)」
「水餃子と半炒飯(880円)」
「楊特製焼餃子(550円)」注文。

image-20120829215944.png
image-20120829220031.png

汁なし担々麺は赤、白、緑。
横長の楕円形をした白皿。
混ぜ込む前は綺麗な色彩。

image-20120829220050.png

辛さ秘伝のタレは上品な紅色。
まったり芳ばしい匂い。

image-20120829220124.png

大量のナッツと一緒に混ぜ込もう。
くちゃくちゃっと麺を混ぜ込む。
赤いタレが白い麺に絡まっていく。

image-20120829220402.png

このくちゃくちゃって音がいい。
なんとも辛そうな響きだ。

image-20120829220533.png

強烈なねっとり感で啜れない。
もっちりした太麺はスパゲティさながら。
もぐもぐっと吸い込んで咀嚼する。
芳ばしい旨味と辛味。
続いて花椒の痺れる刺激。
一口、二口と進むにつれて舌が麻痺。
こうなると全身から汗も滴る。
ナッツの食感と甘味がオアシスだ。

美味さと辛さが交互に押寄せる。
本当に箸が止まらない。
花椒摂取で水が水の味をしなくなる。

image-20120829220606.png

水餃子で中和する。
もっちりした皮の食感が素晴らしい。
中に味があるのでタレは不要。
こいつは食べやすくて美味しい。
子供たちにも大人気だ。

image-20120829220733.png

お次はたっぷりの油で調理された焼き餃子。
見事なハネ付きでまん丸だ。
このパリパリしたハネも子供たちは大絶賛。

image-20120829220803.png

餃子本体は熱々で直ぐには食べられない。
黒酢に浸して熱を冷まして喰らい付く。
パリッ、じゅわっ、ムチッ。
ほほう、黒酢の香りと酸味が異文化を感じさせる。
こういう食べ方もありだ。

image-20120829220837.png

炒飯も半分どころかかなりのボリューム。
味は優しく食べやすい。

image-20120829220903.png

ランチセットにはスープとデザート付き。
四川の味でこのボリュームはお見事。
病み付きになりそうな坦々麺と餃子の店だ。

総じて、シビれる辛さと美味さでもっちもち太麺を頬張れる四川の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:四川料理 | 池袋駅要町駅



2012年:192杯目
ラベル:汁なし坦々麺
posted by Joje at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 池袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

チャイナボイジャー@ディズニーランド

本日は夢と想像の国で夕飯。
さあ、何を食べよう。
丸二日間、炎天下で過ごして身体はダウン気味。

image-20120829210031.png

あっさり系希望の声も多い中、麺料理店へ。
ディズニーでラーメンを喰らおう。
「チャイナボイジャー」立寄り。

image-20120829210052.png

19時30分入店で15分待ちのレジ行列。
夢の国ではラーメンも大人気なんだ。
暑い中での行列は本当に体力がいる。

image-20120829210129.png

メニューをゆっくり吟味する。
麺類としてはスタンダードな4種類が揃う。
冷やし、味噌、醤油、塩。
味噌系の坦々麺は暑さのあまり回避する。

「シェフのおすすめセット(1,450円)」
「海老入り白湯麺(980円)」
「お子様セット(750円)」購入。

会計後はそのまま丼鉢を持って席へ案内。
基本的に屋外の席主体。
もちろん冷房だって効いていない。

薄暗い街灯の外席で撮りづらい。
折角の料理なんだ。
暗黒闇夜で食べるよりも綺麗な容姿を見ながら食べたい。
しかし、ここは夢の国。
ラーメンという食べ物を描写すること自体を拒絶しているかのようだ。

image-20120829210222.png
image-20120829210242.png

白湯麺も薄暗くて見え辛い。
ライトアップの橙色が反映する。
折角の白スープもカレー色に見える。

image-20120829210304.png

スープは鶏ガラ豚骨ベースの塩味。
サラッとした喉ごしで優しい。
独特の匂いやコクも求めるのは間違いだろう。

image-20120829210326.png

麺は中細ちぢれタイプ。
加水率高めの一般的な代物。
想像していたよりは麺力はある。

トッピングの海老は3尾。
旨味を吸い込んだ衣で薄っすらコーティング。
この海老、とっても美味しい。
昨日のシュリンプカリーといい、
ディズニーって海老料理に当りが多い。
海老はレアのような柔らかさでほぐれていく。
うーむ、具材のレベルは高い。

image-20120829210353.png

おすすめの冷やし麺も見えにくい。
ゴマ風味ながらも酸味の効いたタイプ。
ほぼ冷やし中華と言っていいだろう。

image-20120829210417.png

ゼリー状の半熟味玉が唯一の砦。
うーむ、ここも具材のレベルは高い。

image-20120829210448.png

最後はお子様の醤油味。
お手本のようなチャーシュ。
子供向けのスイートコーン。
醤油スープの味はかなり薄味。
フルーツゼリーにアップルジュースも付く。
この周辺系アイテムは嬉しい。

総じて、夢の国で出会ったふんわり海老が主役の上品な塩白湯の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:中華麺 | 東京ディズニーランド・ステーション駅舞浜駅リゾートゲートウェイ・ステーション駅



2012年:191杯目
posted by Joje at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 浦安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。