2012年07月31日

古式熊本拉麺 我羅奢@新宿

本日は高田馬場駅にてリベンジ。
熊本らーめん「我羅奢」に立ち寄り。

image-20120731231436.png
image-20120731231503.png

控えめな看板は味への自信か。
店内を見渡せる大きなガラス窓がいい。
訪れる客に安心感を与える。

20時入店、先客7、後客5。

image-20120731231524.png

店内食券機でメニューを吟味。
あっさり系を攻めよう。
「鶏白湯らーめん塩(700円)」購入。

image-20120731231544.png

トッピングもオーダー可能だ。
麺量、チャーシュー枚数、メンマ量、
ねぎ&もやし量、味玉子数が選べる。

なんとも粋なサービス。
腹を空かせた学生にはいいだろう。
おやじもメンマ、ねぎ、味玉子をMAX注文。
うーむ、ここは選択を誤ったか。
注文後に後悔。

image-20120731231606.png
image-20120731231618.png

手作り感のある歪な丼鉢。
色合いだって面白い。
ルックスに趣がある。

image-20120731231640.png

味玉はアツアツ。
プリリとした白身に味が染み込んだ味玉。
口の中へつるりと滑り込む。
まろやかな甘みでいい。

image-20120731231654.png

スープを一口。
濃厚な塩味でトロリとした舌ざわり。
鶏ガラと野菜で炊き出したような濃醇さ。
まるで豚骨スープのようなコッテリ感。
うーむ、期待した淡麗とは正反対。
しかし、コレもありだ。

image-20120731231714.png

麺は低加水率の中細ウェーブ。
バリバリ、ゴワゴワな食感。
そこにもやしのシャキが加わる。
歯応えがきちんとあって美味しい。

image-20120731231735.png

増量した穂先メンマ。
このとろける様な食感はいい。
力強い太メンマもいいが、
繊細で柔らかい穂先メンマも大好きだ。

総じて、鶏白湯に合わせるトッピングが無償カスタムできる濃醇な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅



2012年:168杯目
posted by Joje at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 高田馬場駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三ツ矢堂製麺@新宿

本日は高田馬場駅にて途中下車。
冷やし狙いで「三ツ矢堂製麺」立寄り。

image-20120731211754.png
image-20120731211857.png

広い空間に佇む店。
なんたる趣き。
まるで映画のセットようだ。

19時30分入店、先客7、後客7。

image-20120731211925.png

先ずは「生ビール(450円)」
この一口が堪らない。

image-20120731211943.png

「つまみ味玉(100円)」注文。
ネチッとした食感。
じんわり広がる甘みもいい。

image-20120731212010.png
image-20120731212025.png

どのつけ麺にするか吟味する。
人気のチーズを攻めてみよう。
「濃厚チーズソースつけ麺(980円)」
中盛り450g、冷やもりコール。

image-20120731212045.png

業界初の締め分け提供。
確かに麺の温度指定は初体験だ。
氷締めも試してみたい。

image-20120731212106.png

麺、スープ、チーズが別皿。
黄色いチーズの閃光眩しい。
麺は中盛りもなさそう。
こいつは厨房へのオーダーミスか。
明らかに量が少ない。

image-20120731212128.png

チーズを麺にとろりと載せる。
チェダー独特の臭酸っぱい香り。
さあ味はどうだろう。

image-20120731212155.png

先ずはスープから攻める。
動物系ベースに柚子風味。
何処か蒲鉾のような味わい。
甘めで好みなタイプだ。

image-20120731221203.png

チーズを絡めて麺を啜る。
ムッチリ太ストレート。
噛み心地、啜り心地ともに文句なし。
しかし、味は完全にアウト。
こいつは困ったチャン。
完食出来るのか。
そんな不安が脳裏をよぎる。

濃厚なチーズが独り勝ち。
小麦の香りも、柚子の風味もどこへやら。
溜め息のでる組合せ。
まったくの困ったチャン。

image-20120731212250.png

極太メンマに救われる。
シャクシャク美味い。
硬めだがスジは少ない。

image-20120731212310.png

チーズと麺をダイレクトに味わう。
ほほう、カルボナーラさながら。
少しはいけるが塩っ気はない。

最後はスープ割り。
ポットを渡して貰う作業。
ホールはてんてこ舞い。
うーむ、忘れられたか。
ここの店、オペ廻ってないぞ。

チェーン店にも関わらず。
いや、チェーン店故になのか。

しばらく感慨にふける。
なんとかスープ割りまでこぎつける。

image-20120731212344.png

期待が高過ぎたのだろうか。

総じて、柚子と濃厚チーズが出会ってしまった一期一会な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:つけ麺 | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅



2012年:167杯目
タグ:濃厚チーズ
posted by Joje at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 高田馬場駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。