2012年03月31日

中華料理彩園@横浜

本日は子連れで横浜。
ランチで中華街へ立寄る。


贔屓の「重慶飯店」は3時間待ち。
・・これはさすがに諦める。


初訪「彩園」に切り替えだ。

image-20120331173446.png

外観はなんとも豪華な店構え。
店内もさながらホテルのようだ。

image-20120331173634.png

定番コース料理を注文。
しかし麺料理は含まれていない。


あぁ・・
麺も食べたい。


本格中華の「ジャージャーメン(950円)」を追加注文。

image-20120331174238.png
image-20120331174255.png

余計な飾りは一切ない。
ひき肉ソース、キュウリ、麺。

もちろん汁はない。


このシンプルなのがいい。
それがいい。

image-20120331174404.png

整然と並ぶキュウリ。

外皮は丁寧に除かれ、うすい緑色が綺麗だ。

image-20120331174506.png

ひき肉は豆味噌の味。
よく目を凝らせば椎茸とタケノコもいる。


口に含んで咀嚼する。
ほのかなピリッ辛さが後を引く。


あぁ美味い、止まらない。


image-20120331174529.png

麺は細ストレート。
抜群のもちもち感だ。



どぅろっずずぅ〜♪



一気に口の中に啜り入れる。
弾力のある麺がソースと一体化している。


image-20120331174603.png

まぜる。
とにかくまぜる。


こんどは麺と一緒にキュウリも持ち上がる。

もちもち、シャキシャキ♪



ほんとに美味い。

image-20120331174642.png

ひき肉ソースをコースの炒飯に合せる。


これは言うまでもない。

image-20120331174752.png

デザートはコースの杏仁豆腐だ。
口の中をサッパリさせてくれる。

ここの杏仁はジャスミンの香りがする。

image-20120331174738.png

最後は熱い烏龍茶を流し込む。
口の中がサッパリスッキリだ。

コース料理と同時進行だったが、ジャージャーメン完食。
追加注文してよかった。

総じて、もちもち麺を豆味噌ダレでずずぅ〜と啜れる至福の一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅



2012年:77杯目
posted by Joje at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

麺屋どらいち@小平

本日は初訪となる「どらいち」に立寄り。


小川駅は初の途中下車。
残り3駅で路線もつながる。

image-20120329210924.png

大看板と簾に一体感がある店構え。
このたたずまい。
美味い店だと直感する。



案の定。
20時10分入店で前客10の後客4。

image-20120329210645.png
image-20120329210715.png

食券機で「どらたま(780円)」購入。
現金で「白めし(100円)」注文。


近ごろ「白めし」という言葉に弱い。
ついつい注文してしまうのは・・・
家ごはんを欲しているのか自問する。


店内は肉をバーナーで炙る芳ばしい匂いが漂う。
この匂いが堪らなく食欲をそそる。

ん!?

白めしの追加注文もこの効果なのか。

image-20120329212205.png
image-20120329212228.png

丼の表面は、黒白胡麻とナッツ粉の境界線で半分に区切られている。


右に青ネギとピカリ光沢のある味玉。
左に炙りチャーシュー2枚が横たわる。

image-20120329212422.png

胡麻ナッツ粉で描かれた黒い境界線はさながら国境のようだ。

image-20120329212304.png

麺は加水率低めの中細ストレート。
ズ、ズッズぅ〜と啜れば文句なし♪


今日は白めし。


替玉は自粛しよう。


まろやかな豚骨は臭みなし。
口に含むとピリッと胡椒の刺激。

image-20120329212342.png

ムチッと味玉を半分に割る。
黄身が完璧なゼリー状。

これは嬉しい♪


間違いなく美味い。


やはり間違いない。

image-20120329212500.png

ボォー!ボゥー!

ジュー!ジュォー!


厨房では絶えずチャーシューが炙られる。

こちらのとろける炙りチャーシューは「醤者@立川」に匹敵する美味さだ♪

image-20120329212526.png

湯気立つ白めしに赤辛子葫をのせる。
見た目はなんだか梅干ごはん。


さらに炙りチャーシュー、味玉も合わせて美味しく完食。


総じて、ゴマナッツ薫るスパイシー豚骨な一杯、とでも言おうか。

大変、ご馳走さまでした。






関連ランキング:ラーメン | 小川駅八坂駅



2012年:76杯目
posted by Joje at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 小川駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。